最新情報

商標登録の検索

商標登録の検索は、特許庁のホームページに案内されている特許電子図書館にて行うことができます。

特許電子図書館は独立行政法人工業所有権・研修館が運営しています。インターネットでアクセスすることができ、無料で検索することが可能です。

商標登録の検索の方法は特許電子図書館のホームページに詳しく解説されています。

特許電子図書館の初心者向け検索のページから商標を入力すれば該当する商標が登録されているかどうかを調べることができます。

また慣れてくれば商標検索のページから詳しく商標登録を検索することもできます。

商標登録を検索するときに注意することは、商標登録は商標と、指定商品役務とをワンセットで調べなくてはならない、ということです。

商標が同一でも指定商品や指定役務が異なっていれば商標権としては別のものになります。例えば、プリウスという商標が指定商品として自動車に登録されている場合でも、別の会社は同じプリウスという商標について指定商品としてパソコンについて商標登録を受けることが可能です。商標は同じでも指定商品が異なる場合には別の権利になるからです。

商標登録の検索の注意点

商標登録の検索を行うときにいくつか注意しなければならないことがあります。その一つは、特許電子図書館のデータベースには一定のブラックボックスの期間があるということです。

例えば本日商標登録出願をしたとしてもその内容は即日データベースに反映されるわけではありません。

このため直近に同じ様な内容の商標登録出願がなされていた場合でもそれを調べる手段がないことになります。

でもどのデータベースを使用したとしてもこのブラックボックスの問題はついて回ります。このため商標登録の検索を行うときには限界がある、ということを知っておくことが重要です。

商標登録の検索のポイント

指定商品、指定役務の範囲についての注意

異なる区分で商標登録の検索を行ったとしても正しい検索結果を得ることができません。このため指定商品、指定役務の範囲について漏れ無く検索することが必要です。

特に調べたい商品の内容が複数の区分に関係があると思われる場合にはそれぞれの区分について調べていくことが必要です。

データベースの検索結果の精度について

データベースの検索結果の精度よりも重要な点があります。調べたい商標と、検索結果に示された商標とが問題となる程度に似ているかどうかを判断できる、ということです。

検索結果に表示された商標が、こちらの希望する商標登録の障害となるかどうかを判断できなければ、いくら優秀なデータベースを使用しても正しい判断は得られないことになります。

商標登録の検索の意味

商標登録を行う前に商標登録の検索を行っていないと、審査の結果商標登録されない場合が出てきます。時間を無駄にしないためにも商標登録の前には検索を行っておくことが重要です。

商標登録の関連情報

  • 2012年3月20日
    サイトをリニューアルしました。

商標調査無料、相談無料です。
東京でトップクラスの正統派特許事務所によるワンランク上のサービスはこちらから。

商標登録

このページの先頭へ